Category Archives: 未分類

キャッシングは即日融資可能なので生活費の捻出にも便利

毎日の暮らしの中では、どうしようもなくお金が不足してしまうケースも多々起こりうるものです。たとえば、毎月ギリギリのラインで生活している人にとっては急な出費によって生活費に影響が及んで、窮屈な日々を過ごさなければならなくなることもあるでしょう。そう言った時には、銀行や消費者金融のキャッシングサービスを活用することによって大きな利便性を獲得出来ます。

キャッシングとは、電話やインターネットなどで手軽に申し込めて、即日融資が受けられる借り入れ方法です。特に最近では手元のスマートフォンからでも簡単に申し込めるので、日常生活の中で時間が無い時や、今日や明日にでもなんとか生活費を確保したいという時などにも充分余裕を持って対応することが可能です。

ただし、このキャッシングを活用するには然るべき審査を受けることが必要となります。金融機関側の担当者が氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを精査して返済能力を算出すると共に、信用機関への照会によって過去の借り入れ履歴などもチェックされ、返済が滞ったことがなかったかなどを確認されることとなります。こういった審査をクリアすることで、ようやく融資金を預金口座に振り込んでもらうことが可能となるのです。

金利によって返済額はこんなに変わる

キャッシングをするのならばなるべく低金利のサービスを選択しなくてはいけません。
基本的に、キャッシングと言うのは非常に借りやすいサービスになっています。
それは、キャッシングと言うサービスが少額融資のサービスになっているからに他なりません。
少額融資のサービスでは、返済する消費者の返済の負担が非常に小さくなりますので、返済に関してお金を返す人が大きな負担を強いられることがほとんどないのです。
しかし、金利が異常に高く設定されていると少額融資のサービスだからと言って油断することが出来なくなります。
例えば、キャッシングの融資に関して100万円のお金を借りたときには、金利が15%の10%では返済するときに5万円の違いが出てきます。
返済額に違いが生じてしまうのは、当然元金に設定される金利が高いからに他なりませんが、上限金利の範囲内であればどのような融資をしても金融機関の自由ですのでこうした融資をすることに関して何の問題もありません。
大切なのは、金利の範囲内で低いお金の返済が出来るかどうかにあるわけです。
返済額の計算と言うのは、必ず相手から請求される利息の請求分を計算に入れて行わなくてはいけません。
キャッシングでは少額融資という性質から消費者の負担が少しでも過大になる可能性があるとすれば、それは元金に対する付加価値的な上乗せしか存在しませんので、なるべく金利を含めた返済額が小さい会社のサービスを選択しなくてはいけないのです。

キャッシングの流れ

キャッシングというのはお金を借り入れる手段の一つとして、近年では一般的なものになってきました。特に各金融機関が提案しているカードローンの各種サービスは、契約がしやすく使いやすいのが特徴の金融サービスです。その契約の流れは非常にシンプルであり、自宅に居ながらにしてすべての契約を完了することも可能になってきています。
キャッシングの契約をするためにはいくつかの条件が付くことがあります。最も一般的なのは安定収入を持っていることです。もしも無職であればこの様なキャッシング契約をするのは難しいでしょう。消費者金融系のカードローンの場合には基本的に契約することはできません。これは消費者金融を規制する貸金業法の中に総量規制という法律があるからなのです。この法律では個人の年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはならないことになっています。そのため定期収入が無ければキャッシング契約そのものを結ぶことが出来ないのです。これは法的な規制があることから避けることはできません。
もしも定期収入があるのであれば、アルバイトの身分でも契約することはできるでしょう。契約をする際には個人で保証人を立てたりする必要はありません。保証会社という第三者機関が保証人を肩代わりしてくれますので契約の流れもスムーズです。ローンの返済不履行など、信用情報に傷がついてさえいなければ、キャッシング契約そのものは適正に行われますので心配はありません。

怪しいキャッシング業者には手を出さないことが重要

以前と比べると少なくはなりましたが、それでもまだキャッシングの怪しい業者が存在します。
怪しいキャッシング業者の手口はいくつかあります。
町の電柱などに広告が貼られている連絡先が「090〜」だけを掲載している所は違法な金利を請求され、利用者だけでなくその家族までを破滅へと導きます。
またクレジットカードで商品を買わせて購入代金より低い金額で買い取る所(もしくは商品を引き取るのみ)は利用者の手元にはクレジットカードの支払いだけが残ります。
また消費者金融を装い、一度申し込みを断り「他の消費者金融を紹介する」と言って法外な紹介料を請求するいわゆる「紹介屋」、更には多重債務者に連絡をし、債務の一本化を持ち掛け実際には行わず、法外な手数料だけを取るいわゆる「整理屋」などと手口は年々巧妙化しています。
「ブラックでもOK」「他店で断られた人でもOK」「無担保で500万円」などと謳っている業者は怪しいキャッシング業者だと思った方がよいでしょう。
そもそも金融業を営む場合は都道府県に届け出が必要であり、申請することで番号が交付されます。そのため番号があるキャッシング業者であれば安心して利用はできますが、稀に同業他社の番号やニセモノの番号を謳う業者も存在するため私達の眼で確認しなければなりません。番号はインターネットでいつでも調べることが可能です。
万が一被害にあってしまった場合、番号がある業者であれば都道府県の金融関係の窓口へ、ない所であれば最寄りの警察に相談するようにしましょう。

返済が遅れてしまいそうなときはどうすれば良いのか

消費者金融や銀行等が個人向けに提供しているキャッシングの魅力は、身分証明証1点で申し込む事が出来るシンプルさと即日融資が期待できるスピード審査です。他にも5万円程度の少額から申し込める事や、審査の難易度が甘い事、利用目的を制限されていないフリーローンである事等も人気を集めている理由です。

キャッシングはコンビニエンスストアー等に設置しているATMから行えるので、24時間いつでも利用できます。お金が足りなくなった時の強い味方として、多くの人が利用するようになっています。このように様々な魅力を持っているキャッシングですが、利用する上で注意をしなくてはならない事もあります。特に重要なのが、契約時に決めた返済日に指定の金額をきちんと入金するという事です。

入金が確認できない場合は、不払いとみなされてしまいます。不払いを何度も繰り返すと事故情報として、キャッシング業者が加盟している信用情報機関に記録されます。事故情報は記録されると一定の期間が経過するまでは削除されないので、その期間は新規の借り入れを行う事が出来なくなります。返済日に遅れるという事は、安易に済ます事が出来ないデメリットが生じてしまうのです。

返済が遅れてしまいそうなときは、事前に業者に連絡しておく事が適切な方法です。連絡を行っても遅れたという事は業者の記録としては残りますが、何もしない場合よりもはるかに好印象を与えます。連絡時に返済する日を明言して実行する事により、生じるデメリットを最小限に抑える事になります。

返済に関する注意事項

日常生活の中で、結婚式や葬儀など急にお金が必要なケースがあり、手元に現金が無い時などには、キャッシングのサービスはとても便利なのですが、借りているお金なので返済をしないといけませんので、きちんとした返済計画を立ててからのキャッシングの利用が必要となります。
総量規制によって、借入額が年収の3分の1を超える借入れはできなく、他社などからの借入れ合計額が年収の3分の1の上限に達しているケースでは、原則的にキャッシングは利用できません。しかし自分の返済能力がありますので、これを超える金額のキャッシングを利用してしまうと遅延損害金が発生してしまい、さらに返済が困難な状態になってしまう可能性があります。この遅延損害金はキャッシングの金利より高めに設定されており、元金や利子とは別の請求になります。また1日返済が遅れると、1日分の遅延損害金が発生し、遅れれば遅れるほど金額が多くなってしまいます。
キャッシングを契約した後の注意点は返済を遅れないという事が大事で、口座自動引き落としなどを利用しているケースでは、他の引き落としも行われていますので、残高不足になって、返済が遅れるケースがありますので注意が必要で、引き落とし前には口座の残高を確認することが必要です。
また遅延損害金が発生してしまうような場合は、事故暦として信用情報機関に登録をされますので、次回のキャッシングの利用にとても不利になったり、利用できなくなってしまいます。

審査に通りやすい人とは

キャッシングでお金を借り入れる場合は、審査が行われますが、この審査にも通りやすい人と通りにくい人がいるようです。では、通りやすい人とは、どんな人なのでしょうか。
まず、収入があることはもちろんですが、正社員などで、比較的安定した収入がある人は通りやすくなります。特に銀行ではこの傾向が強いです。それから、他からの借入がない、あるいは少ない場合も通りやすいです。他社借入が多くなればなるほど、金銭面で余裕がないとみなされ、返済が困難であると判断されるようになります。また、消費者金融のキャッシングでは、総量規制が設けられているため、年収の3分の1以上の額を借り入れることができず、もし借入総額が年収の3分の1を超える場合は、新規のキャッシングは不可能です。
そして、大事なことですが、延滞をしていないのも審査に通りやすい一因です。延滞をしている場合、特に3か月連続で延滞をした場合は事故情報とみなされて、その人の信用情報に記録されますが、この事故情報があると、審査に通るのが難しくなります。延滞だけでなく、債務整理も同じことがいえます。一旦事故情報が記録されると5年間、場合によっては7年間は消えませんので、極力延滞や債務整理はしないように気をつけましょう。
つまるところ、キャッシングの審査に通りやすい人の特徴とは、他からの借入件数が少ないか皆無である、延滞をしないといったことです。そのためには、やはり自分の収入に見合った額のキャッシングをして、期日までに返済する、これに尽きるでしょう。

はじめてキャッシングをする場合の注意点

これからキャッシングを利用しようと考える人でも、キャッシングは審査が簡単で融資が受けやすいという点は理解しているはずです。審査が早くその日のうちに融資が受けられ、口座振込みが基本となっていることから預金の感覚で引き出すことが可能となります。キャッシングを初めて利用した人は、借りやすさと引き出し安さから自分のお金のような感覚に陥ることが多くなります。ですから簡単に借りることができるとはいっても借金をすることに変わりはありませんので、常に借金をしていると言う意識を持つことが注意点となります。返済計画を立てて利用しなければ借入額がどんどん膨らんでいき、金利の高さもあって返済額が大きくなってきます。キャッシングでは総量規制によって多重債務者を発生させない仕組みを採用していますが、100万円を超える融資は簡単に返すことはできなくなります。金利の負担が大きくなるため、借入額が増えると返済額に対する利息の割合が大きくなり、元金が減りにくくなってしまうのです。そのため確実に返済していても金利の負担により完済までには長い期間を必要とするのです。キャッシング初心者の注意点には、計画的に利用することが基本となってくると言えます。キャッシング初心者にありがちな自分のお金のような錯覚を起こさないように、常に借金をしていると言う意識が重要になってきます。キャッシングは借入方法も返済方法も自由度が高くなっていますが、実際に返済していくには難しさがありますので計画的な利用が基本となってくるのです。

(三木さん(仮名)/35歳男性/青森県在住/職業:ホテル受付)

仕事柄と言いますか、性格や趣味やセンスといったものでしょうが、兎に角常に流行の服装をしていたくて、要は自分が着道楽なので仕方がありません。まだ若さがあり、いまだに独身といったことが、このようなことが許される要因だと思っています。何しろ流行とったものは、常に動いているので、着ている服装で流行遅れが、一目で分かってしまうのが恐ろしいのです。ホテルマンは、常にセンスを磨いている方が、仕事にも活かせると自分では思っています。従って毎月の給料が、湯水のように流れ出る時があり、使いすぎを反省することもあるのですが、ついまた購入してしまいます。彼女にも、かっこいいところを見せたいといった、心理があるのかも知れません。そんな理由もあって、購入資金にキャッシングの利用をして、現在賄っています。キャッシングも、昔と違って現在では、本当に簡単な処理で借り入れができてしまい、誰にも分からずに借りられるということが、利用を即しているように思います。しかし、このようなキャッシングのお陰で、急きょお金が必要になった場合など、とても便利で助かっているのが実情です。今では、キャッシングの返済方法も、即日返済やボーナス払いなど色々選べて、自分に合った、返済しやすい方法をとればよいのです。借りた金額の返済方法を、計画的に考えてやっていけば、このような方法での借り入れも、時流に乗った、今時のキャッシングとなるのでしょう。

(松尾さん(仮名)/35歳女性/岡山県在住/職業:銀行員)

上の子がちょっと手を離れ、もうひとり子供が欲しいと夫と話し合ったのは昨年の3月ころでした。
家のローンもまだ残っていたし、車も買い換えたばかり。
それでも銀行のキャッシャーに勤めていた私は産前産後の休暇も取れるし今がチャンスと決断しました。
ところが一人目の時とは違ってつわりがひどく、とうとう家事代行を頼むことになりました。
それはかなり家計を圧迫するものでした。
また、好景気だった夫の会社でトラブルが続き、とうとう会社は業務提携へ。給料は激変しました。
ちょうど家のローンの金利が変わる頃で定期預金を解約し借り換えを行ったばかりで毎日の生活に不安を感じました。
一方つわりが治まっても私の体調はなかなか回復せず、とうとう入院することになり、その支払いにキャッシングを利用しました。それを利用するのは初めてでしたが、私の体調が回復すればまた勤務に戻れるという気持ちで、『今だけ』と言い聞かせていました。
銀行に勤務するものの立場でキャッシングの金額が増えていくのはとても不安でした。上司に知られたら退職を勧告されるかもしれません。金融機関はそういうことにとても厳しいのです。
なかなか体調を回復できない私は休職中ということで給料も少ししかなく、家事代行と生活費の捻出に苦しみました。
とうとう私たち夫婦はやっと手に入れたマイホームを手放し、金利を返済し終わり今までの生活よりもコンパクトではありますが平穏な生活をしています。
簡単に今だけという気持ちではもうキャッシングはしまい、とあの不安な怖かった毎日を思っています。