返済に関する注意事項

日常生活の中で、結婚式や葬儀など急にお金が必要なケースがあり、手元に現金が無い時などには、キャッシングのサービスはとても便利なのですが、借りているお金なので返済をしないといけませんので、きちんとした返済計画を立ててからのキャッシングの利用が必要となります。
総量規制によって、借入額が年収の3分の1を超える借入れはできなく、他社などからの借入れ合計額が年収の3分の1の上限に達しているケースでは、原則的にキャッシングは利用できません。しかし自分の返済能力がありますので、これを超える金額のキャッシングを利用してしまうと遅延損害金が発生してしまい、さらに返済が困難な状態になってしまう可能性があります。この遅延損害金はキャッシングの金利より高めに設定されており、元金や利子とは別の請求になります。また1日返済が遅れると、1日分の遅延損害金が発生し、遅れれば遅れるほど金額が多くなってしまいます。
キャッシングを契約した後の注意点は返済を遅れないという事が大事で、口座自動引き落としなどを利用しているケースでは、他の引き落としも行われていますので、残高不足になって、返済が遅れるケースがありますので注意が必要で、引き落とし前には口座の残高を確認することが必要です。
また遅延損害金が発生してしまうような場合は、事故暦として信用情報機関に登録をされますので、次回のキャッシングの利用にとても不利になったり、利用できなくなってしまいます。